FC2ブログ
プロフィール

ひろさん

Author:ひろさん
知多半島の海と山が故郷
ものづくりの原点です。

20数年前から始めた「染織」
家具のリフォームが好き。

習い覚えたパソコンは
新しい世界の始まり、
その可能性を楽しみたい。

最近の記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
最近のコメント
スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--年--月--日(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ひとり旅の気分で
2009年10月11日
 この一ヶ月ほど、工房にこもって 機織りに専念しています。
 もう何ヶ月か、都心(私の場合は名古屋)へ出かけていません。
 さらに何年もの間、2泊以上の旅もしていないのです。
 
 特に理由はなく、「旅に出たい」と思わなくなっただけのことなんですが・・・

 かっては北海道,沖縄などを始めとして、日本全国を ひとり旅するのが好きでした。
 現地までの乗り物の時間を調べ、宿の手配をしておいてから 気ままに出かけます。
 主に、「現地滞在型」というような ゆったりしたフリープランです。

 「現地の人の暮らし」が垣間見れるような、路地裏や小さい店での買い物が楽しみ。

 今、そのときの「ひとり旅」に似た形が、工房の中で 日常的に進行しています。

 dc101034.jpg dc101035.jpg

 この一ヶ月間の工房の中での旅が、4枚の服地となって形に残りました。

 (機織りは小さな旅かもしれない) と感じるようになって、本物の旅から遠ざかっています。

 経糸のデザインを決めて 糸の整経をするのは、旅の目的地を決めることに 似ています。
 筬通し・そうこう通し・千巻きをすることは、スケジュールや宿の手配をすることかも。
 
 そして織ることは、ひとりで旅をすることなんじゃないかしら。
 何でも自分の責任で決めなくてはなりません。
 自分で決めた旅はうまくいけばうれしいし、失敗も次の旅のために貴重な経験となります。

 一枚の布を織るという旅は ハラハラしたり 迷ったりの連続です。
 この4枚の服地を それぞれの用途に仕立てることが旅のつづきでしょうか?
 「冬に木綿を着てみたい」 という ちょっとした課題が残っていますから。

 終わらない旅って心残りでもあるし、どことなく楽しい宿題でもあるんですね。
スポンサーサイト


染め・織り・紡ぎ | 【2009年10月11日(Sun) 21:15:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。