FC2ブログ
プロフィール

ひろさん

Author:ひろさん
知多半島の海と山が故郷
ものづくりの原点です。

20数年前から始めた「染織」
家具のリフォームが好き。

習い覚えたパソコンは
新しい世界の始まり、
その可能性を楽しみたい。

最近の記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
最近のコメント
スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--年--月--日(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
欅舎は 今
2009年08月10日
  8月も半ばに近づき、早くもお盆を迎えようとしています。
  道が広くなって車の流れが良いのは、みなさん帰省されているんでしょうか。

  私は工房またはパソコンの前 (もう4時間ぶっ続けで疲れた!) にいます。

          dc050313.jpg

  この欅舎と名づけた工房を始めたのは、8年あまり前の春頃でしょうか。
  「染色と機織りの教室」として発足しました。
  この間、さまざまな方が生徒さんとして訪れてくださいました。
  試行錯誤, 出会いと別れを繰り返して現在に至っています。
  
        今年5月に「四季の色を織る 欅舎展」を開いたのが転機でした。
  
  機織りもその材料となる糸を染めるのも、かっては「手しごと」でした。
  暮らしの中で使うものを自分の手で生み出していた時代です。
  子ども時代に垣間見た、必要に迫られての「手しごと」を思い出します。
  
  現在の暮らしは、お金を出せば何でも手に入ってしまいます。
  とっても便利ではあるけれど、選んで買うだけの消費者でしかないのです。
  どうやって暮らしたら生産者になれるのか?
  どこか一部分だけでも「ものを生み出す人」になりたい!

  機織りは、茶道・花道のような「お稽古事」でないことは確かです。
  お墨付きの免状も家元制度も無関係の世界ですもの。
  ちょっとの手ほどき(機の扱い方など)、さらに自分の工夫で十分でしょうね。
  
  特に、「素材(糸など)から手がけ、長い行程を経ての布を織る」という流れを
  自分の目と頭と身体に刻み付けることが大切です。  

        「欅舎」という建物と場所はこれからも存在しますが、
        その内容やメンバーは、時の流れとともに変わってきました。
        ものづくりやその過程を心底好きな人が「作りたいものを創る場所」です。
       
  これまでの過程は「ものづくりの場所」というハード部分を形にすることでした。
  そこを活き活きとした場にするのは、集う一人ひとりのソフトな力です。

  この秋から 「4回でマスターできる講座」を始めるべく 企画中です。
  ちょっとだけの体験ではなく、突っ込んだ内容にしていきたいと考えています。
  機織り,染色,糸紡ぎのポイントを それぞれ4回で・・・どんなプログラムななるかしら?

             近日中に「欅舎 HP」にてお知らせしますね。

  
スポンサーサイト


欅舎 | 【2009年08月10日(Mon) 21:10:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。