FC2ブログ
プロフィール

ひろさん

Author:ひろさん
知多半島の海と山が故郷
ものづくりの原点です。

20数年前から始めた「染織」
家具のリフォームが好き。

習い覚えたパソコンは
新しい世界の始まり、
その可能性を楽しみたい。

最近の記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
最近のコメント
スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--年--月--日(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
植物で染めた色は温かい 
2009年08月12日
   20年前から染め始めたのは 「草木染」です。
  植物のエキスを糸や布に染めるのが面白くて、嵌ってしまいました。
 手当たりしだいに植物採集に回ったけど、現在も染めている植物は数が限られています。

   染めた後も退色や変色がなく、媒染で多色に染め分けられる植物がいいですね。
   クチナシの実は黄色だけの発色 dc032204.jpg

   植物のエキスには様々な色素が混じりあい、複雑な色合いになります。
    共通して含まれているのが、黄・茶など温かみのある色素のようです。
   dc042806.jpg 様々な植物の色はやさしい

      タマネギの茶色い皮、栗のいが、団栗、セイタカアワダチソウの花、椿の花
     クチナシの実などは採集でき、色も堅牢なので重宝しています。
    染色店からの購入に頼るのは、赤い西洋茜,インド茜です。

    さらに藍のいろいろです。   dc090414.jpg 

    植物の葉っぱはどれも緑なのに、なかなか染まらず色が褪せやすいのです。
     だから予め、黄色の色素を持った植物で染めておきます。
      その後で藍染めします。 この逆でも大丈夫でした。
       やわらかい感じの緑のバリエーションができました。

    一年中でいちばん植物採集ができるのが秋! もうすぐその季節ですね。
    季節の訪れをいち早く感じられる楽しみ、やっぱり草木染はやめられない!                                          
スポンサーサイト


染め・織り・紡ぎ | 【2009年08月12日(Wed) 16:45:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。