FC2ブログ
プロフィール

ひろさん

Author:ひろさん
知多半島の海と山が故郷
ものづくりの原点です。

20数年前から始めた「染織」
家具のリフォームが好き。

習い覚えたパソコンは
新しい世界の始まり、
その可能性を楽しみたい。

最近の記事
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
最近のコメント
スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--年--月--日(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
子育て中の想い②
2009年07月25日
 がむしゃらに過ごしてきた30代が終わると、少し落ち着いてきます。
 40の声を聞くと、人生80年としても折り返し地点に思えました。
 現代なら「アラフォー世代」というわけで、人生はこれからなんですよね。
              dc041712.jpg
 
 しかし20年前の40才は、老後のことを考える始まりの年でした。
 子育ても物理的な忙しさではなく、心理的・金銭的な比重が増してきます。
 中学,高校,大学という年頃の息子たち、に対するのは疲れます。
 職場では下と上の年代にはさまれて、これも気が抜けません。

 心身ともに擦り減ってエネルギーが枯渇してきました。
 一人になりたい、一人で過ごす時間が欲しい、と痛感する毎日でした。
     dc032509.jpg

 そんなころ、子育ての15年間お世話になった瀬戸市から引っ越したのです。
 この長久手町の家は建てる前から、素人考えで設計していました。
 
      部屋を区切らないでガランとしている (掃除が楽)
      日当たりの悪い半地下の1階は、広い倉庫と車庫にする (特に用途なし)

 その後ちょっとしたご縁で、「染色と機織り」に出会いました。
 これまでのお稽古事とはちがい、手ほどきの後は自分で工夫していくことでした。

 倉庫にこもっての「一人の時間」は、40代の不安定な心身にはよかったみたい。

 50代に子育ては終わり、息子たちは家を出ていきました。
 夫婦二人が残った家はガランと区切りがない分、空き部屋もありません。
 用途なしの1階は、「染織ひろば 欅舎」というはっきりした用途ができました。

      迷いの多かった40代を支えてくれた一つに
      染織というひとりになれる世界と
      用途のない空間だったのかな?と 思い返しています。          ひろ


スポンサーサイト
子ども世代 | 【2009年07月25日(Sat) 18:30:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
子育て中の想い①
2009年07月20日
                dc060416.jpg
  これからの人生に自分なりの花を咲かせたい。
  あなたは子育ての真っ最中に、そんなことを考えたことないですか。

  ・仕事、夫と子どもあり、さらに経済的なゆとりがある
  ・仕事、夫と子どもあり、経済的にゆとりがない
  ・仕事なし、夫と子どもあり、経済的にゆとりがある
  ・仕事なし、夫と子どもあり、経済的にゆとりがない
  ・仕事、子どもあり・・・
  ・仕事なし、子どもあり・・・     子育て中の女性の様々なケースです。

  私自身、ずっとフルタイムで働きつつ二人の息子を育ててきました。
  「働くこと」はそれなりにやりがいがあるけれど、失うものも多いのです。
  仕事と家庭を維持するために、「自分の時間がない」ということです。
  
  子育ては大変だけど、「子どもは一日ずつ進化していく」楽しみがありました。
  反面、(私はこのままか、いや退化していくかも)と自問自答を繰り返します。

  幸いなことに実の両親が近くに住んでいました。
  少しの時間預かってもらい、さまざまなお稽古ごとを始めました。
  仕事から帰って出かけるので、たいていは夜の部になります。
  もともと好きだった「ものづくりの分野」では、木彫・皮工芸・陶芸を習いました。
  運動神経は良くないのですが、モダンバレー・社交ダンスは表現という面で好きでした。

  少しの時間を活用して、職場と家庭以外の場所へ出かけたものです。

  大したことは身につかなかったけど、いろいろな人たちに会えました。
  学生さん、働いている人、専業主婦の人、自営業の人とのおしゃべりは楽しかった。
  これといった目標はなかったけど、好奇心とエネルギーがたっぷりあった30代の頃です。
                     
  この間、息子たちは保育園から小学校の高学年まで成長してくれました。 
  そして40代へと突入していきます。
                          この続きは 次回へ                      

子ども世代 | 【2009年07月20日(Mon) 21:40:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
想像は楽しい
2009年07月09日
  一年余り前の春   e35477be.jpg
  ブログのお引越しのご挨拶に添えて、こんな絵を描きました。

  「水彩7」 という簡単なお絵かきソフトを使ったものです。
  筆も、絵の具も、紙もない。 でも描けるんです、いっぱしにそれらしい絵が・・・便利ね。

  その後は放置したままだったけど、一昨日思いついて遊んでみました。
  モチーフはないので、まずは一本の木(いつでもこれ)を描いてから次へ行きます。

  dc070901.jpg そうだ! 川を流そう。

  いろんなツールがある中でお気に入りは、「クレヨン」です。
  掠れたように素朴な線がかけるし、かなり大雑把でもいいのです。
  面白かったのはクレヨンの上を指でなぞる「指先ツール」でした。 川がそれです。

  今は夏、緑豊かな緑陰の季節です。 木陰に入るとひんやり、暑さを忘れます。
  でも葉っぱをかくのに手間どるので、冬にしました。 
  絵は、季節も風景もそこに住まう生き物も、自由にできる世界なんですね。

          ふと、(長久手町は昔、こんな原野だったかも) と想像したのです。

お気楽パソコン | 【2009年07月09日(Thu) 19:20:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。